2021年04月10日

工場内で帽子をかぶる理由

つばが物に触れた場合、
頭をぶつける前に察知することができる。
髪の毛が旋盤などの回転体に巻き込まれるのを防止する。
火事になった場合、一番燃えやすいのは髪の毛。
工場用の帽子には難燃素材が採用されている。
工場内にはとがったものがたくさんある。


<工場に入るときのルール>
ポケットに手を入れて歩かない。
深く帽子をかぶる。
 帽子をきちんとかぶっていないと、
 決められたことを細部まできちんと守れない印象。

というわけで
帽子をかぶったほうが
いいのでございます

マッチョ田口じゃなくなった
児嶋鉄工所ホームページも見てね
http://kojima-ironworks.co.jp/
posted by 田口 at 13:16| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする