2015年03月26日

JWCADでdxfに変換してAUTOCADで読み込むまで〜

約1週間かかりました。
お取引先様からdxfデータをいただきましたが
AUTOCADで読み込めませんでしたふらふら
そのデータはjwcadから変換したものでした。


「無効または不完全なdxfの入力です。図面は破棄されました」

というメッセージが出ましたがく〜(落胆した顔)
調べてみるといろんな名前を日本語にすると
読み込めないということで。
お取引様にはファイル名、レイヤ名、ブロック名等を英数字にして
いただきました。
それでも、同じメッセージが。
最終的に、ひとつのブロック名がひっかかっていました。
それは、ブロック名を表向き変更しても
バックに残ってしまっているという結果で。
ブロック解除してして無くなったと思っていても
残ってしまっていました。
他社からいただいたデータにそのブロック名が
ついていたようです。

いろいろ調べては実行してみて
やっとdxfファイルが開いたときは安心しました。
結局、図面全体を選択して新規のファイルに
貼り付けてみて読み込むことができました。

せっかくいただいたデータですから。
とにかく、よかったですわーい(嬉しい顔)

児嶋鉄工所ホームページ及び社員ブログ、製造ブログも見てね目
http://kojima-ironworks.co.jp/
posted by 田口 at 08:30| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする