2013年01月26日

AutoCAD LTのカーソルがカクカクする

10MBぐらいのデータで作業をしていたら、カーソルの動きが
だんだん鈍くなり、仕事にならないほどになる。
問い合わせてもなかなか回避できない。
XPのときは全くおきなかった現象が、Win7になっていろんなことが
おきる。
エクセルは落ちるし。エクスプローラも落ちる。
検索がきちんとできなくて、きっと不具合だ。
データを探すとき致命的だ。
わざわざXPマシンに行って検索している始末だ。
なにもかもがっかりだ。

設計者にとってCADの動作が遅いことはすごいストレスになる。
一度、CADを落として再度立ち上げるとまた普通に早くなると
いうことだが。いちいち落とさないといけない時間がもったいない。

なんとか解決したいが、AutoCAD LTのバージョンをあげても
解決しないこともわかった。

問い合わせ時間が長すぎて手が受話器の形になって
戻らなくなっていた。
痛いですもうやだ〜(悲しい顔)
posted by 田口 at 12:13| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする