2013年01月19日

就活で模索中の若い人たち

最近身近で就職活動をしている若い人たちの話を聞く耳ことが多いです。
大学を卒業したあとの就職先を一生懸命探しています。
2年あるいは4年大学に通って卒業しても就職先を見つけることが
難しい時代です。
しかもその中で自分のやりたいこと、さらにやりがいのある仕事と
いうとかなり難しくなりますふらふら

やってみなければわからないという感じで飛び込んでも
失敗するかもしれません。
でもやってみなければ失敗もありません。
あれこれ考えたり行動したりすることが嫌になって
あきらめてしまうこともあると思います。

特に、男の子は跡継ぎだったり、将来家族を養っていかなければ
ならないという重荷もあります。

若いうちにいろんな経験を積んだ方がいいということもあります。

学校を卒業するとき、人生の選択をしなければなりません。

私は高校を選ぶとき、自立できる学科を選びました。
早く家を出て、一人で生活できるためにはどうすればいいかと
中学を卒業するときに考えました。
田舎なので選択肢はないのですが、商業科を出ておくと
事務関係はできるのではないかと。
将来役に立ちそうな部活ということで英文タイプ部を選びました。
私たちの時代には和文タイプ、カナタイプ、英文タイプ部とあり、
その中で奇跡的に英文タイプを選びました。
今考えるとこれが今の仕事にたどり着く第一歩だったと思います。
キーボードをブラインドタッチできることで、派遣社員と認められ、
今の仕事ができております。

私は自分で納得のいく仕事ができるようになったら、転職していました。
最終的に今の仕事にたどり着きましたが、まだまだ勉強本することがあり、
毎日が勉強です。楽しくて仕方ないですわーい(嬉しい顔)

まわりの若い人たちも、いつかこんなに楽しく仕事ができるように
なってほしいと思います。
夢に向かって着々と準備を進めている人もいます。
若い人たちは今一生懸命です。
楽しくて充実した生活が送れるよう祈っています。
そして応援いたしますexclamation×2
posted by 田口 at 12:25| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする