2012年03月02日

ボードゲーム

私はまた30年来のお友達と遊ぶことになり、
何して遊ぶーっていう感じでメールメールのやりとりをしていて。
ボーリングやビリヤード、ダーツもいいなって。
だからラウンド1にしようかという話になりました。
でもまだまだ寒く、移動も大変だしということで、
じゃあお友達のところでゲームをしようということになりました。
私はテレビゲームかなーなんて思っていました。

みんなで集合してお食事に行き、楽しくお話ししたあと
さあゲームですと取り出したものがドミノでした。
並べて倒して遊ぶんだーと思ったら違ったのです。
私はこの日初めてドミノは倒して遊ぶだけのものではなかったと知りました。

簡単に言うと
「牌を同じ目でつないで置き、端にある目の合計が5の倍数のときに
5で割った商が得点になるというもので、点数を競う。」
というゲームです。
頭を使うのは苦手なので大丈夫かなと思っていたら、本当に面白くて。
慣れていないと点数もきっと低いんだろうなとか思ってても
まったく予想ができないことが起こり大逆転したり。
すっごく盛り上がりました。楽しくて楽しくて時間を忘れましたるんるんるんるん

少し休憩して次に・・・と取り出したゲームは「カルカソンヌ」というゲームです。
これは少し難しいよということで説明を受けました。確かに・・・
でもまずやってみようと始まり、このゲームも本当に面白くて
私は先のことあまり考えず言われるままに進めていきました。
このゲームを考えた人がすごいなって思いました。
そしてこのゲームを見つけたお友達も。
楽しくて楽しくて時間を忘れましたわーい(嬉しい顔)

完全にストレス発散しました。

後日お友達が調べてくれて、ドミノとは、「ド」…2、「ミノ」…正方形
牌の形が正方形を2つくっつけた形
昔は、「チェス」「ドミノ」「バックギャモン」が
世界3大ゲーム
だということでした。

大爆笑して、知識豊富なお友達からかしこさを注入してもらい、
癒されて本当に楽しかった。

なかなかスケジュールが合わないけどまた遊びましょうねーわーい(嬉しい顔)

posted by 田口 at 12:38| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする