2009年07月31日

言葉遣いの大切さ

スケジュールソフトをバージョンアップすることになりましたわーい(嬉しい顔)
ソフトを購入したものの、なかなかインストールできませんでした。
とりあえずハードの方の準備が整ったので、いよいよソフトの
インストールですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

しかし、マニュアルを読むととても複雑で、どのくらいの時間が
かかるのか検討もつきません時計

そこで、ソフトの会社に相談することにしましたexclamation
最初は電話でこちらの状況を説明しました。
対応がすごく良くて、言葉使いもとても丁寧でした。
ホームページに載せているマニュアルだけでは理解しずらく、
電話で説明を受けながらインストールしたいと
相談してみました。
それも可能だとは言ってもらえましたが、とりあえず
もう少し詳しいマニュアルをお送りしますとのことでした。

その日のうちにメールが届き、とてもわかりやすいマニュアル
でしたるんるんるんるんるんるん
電話を受けた女性が作成してくれたようですぴかぴか(新しい)

それから電話ではなくメールのやりとりになりましたが、
電話よりさらに丁寧でしたわーい(嬉しい顔)
以下の言葉遣いがとても心地いい感じがしましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

「恐縮でございます」

「努めて参りたいと」

「幸いでございます」

「お手間を頂戴する」

「存じます」


インストール作業が大変ですが、問い合わせてもこのような対応を
してもらえるんだったら、がんばってインストールしてみようかな
と思いました。
マニュアルを見てくじけそうになりましたが、頑張ってみます手(チョキ)

メールの書き方で相手の人がどう感じるかということを
考えさせられましたexclamation×2
メールを送信するときは、失礼がないかどうか再度確認して
送信ボタンをクリックしたいと思いますmail to

posted by 田口 at 15:54| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする